雨漏り調査の際は木造住宅の雨漏り発生理由を知ろう!

雨漏り修理はプロの業者に依頼した方が安心!

木造住宅で雨漏りが発生!その原因とは

木造住宅で雨漏りが発生してお困りの方は多いでしょう。木造住宅で雨漏りが発生する原因とは一体何なのでしょうか。雨漏りが起こるメカニズムを見てみましょう。

木造住宅で雨漏りが起こる理由って?

経年劣化
雨漏りの原因として最も多いのが経年劣化によるものです。建物が老朽化することで、耐水性が低下し、様々な箇所で雨漏りが起こりやすくなります。瓦が落ちたり壁にヒビ割れ生じたりすることで、建物内部に雨水が浸入しやすくなるのです。木造住宅の場合は、白蟻による被害と雨漏り被害が同時に起こりやすいので、定期的に雨漏り調査やメンテナンスを行なう必要があります。
自然災害
屋根瓦の耐用年数は40~50年と言われています。しかし、屋根瓦が台風などの強風で剥げ落ちた場合、そのまま放置してしまうと、剥き出しになったルーフィングが劣化して屋根に穴が開きやすくなります。地震などで屋根瓦がズレることもあるので、定期的にチャックしましょう。
施工不良
新築にも関わらず、雨漏りが発生するときもあります。原因の多くは施工不良によるものです。建設の際、正しく施工が行なわれなかったことで屋根の他に壁やベランダにもヒビ割れが起こってきます。悪徳業者による施工不良は年々増加しています。気になる場合は、雨漏り調査を行なっている業者に見てもらいましょう。

木造住宅の雨漏りはこのようなことから発生します。そのままにしておくと、さらなる大きな被害に発展してしまいますので、なるべく早めに雨漏り調査を依頼することをおすすめします。原因箇所を正しく特定できれば、修理方法を選ぶ際もスムーズです。