症状が現れる前に!定期的に雨漏り調査をしよう

雨漏り修理はプロの業者に依頼した方が安心!

木造住宅の雨漏りをそのままにしておくとどうなる?

木造住宅で雨漏りが発生してしまった場合は、早急に対処することが肝心です。もしそのまま放置してしまうと様々な問題を招いてしまうでしょう。実際に起きた二次被害のケースを見てみましょう。

雨漏りを放置しておくと起こる様々な二次被害

施工不良が原因で・・(30代/男性)

無垢材を使い新築を建てたのですが、わずか2年で雨漏りが起こりました。雨漏り調査を業者に依頼して判明したのですが、原因は施工不良によるものでした。費用を抑えようと安い業者にマイホームの建設を依頼したのが良くなかったです。雨漏り修理を兼ねてリフォームを行ないました。信頼できる業者を選ばないとこうした被害を受けるのだとつくづく後悔しました。

気づいたら柱がボロボロに!(40代/女性)

自宅は築40年になる木造です。長年綺麗に使ってきたつもりですが、昨年から床がきしみ雨漏りも発生したため、急いで雨漏り調査を業者にお願いしました。木造だから被害の進行も早いと思ったからです。業者が壁の内部や屋根裏を調べると腐朽や白蟻の食害が見つかりました。定期的に雨漏り調査や白蟻調査を行なっていればと後悔しています。


木造住宅の場合はシロアリ被害が最も多い

黒い天井

雨漏りがあると部屋の天井や壁紙にシミができカビが生えやすくなりますが、それだけではありません。本当の恐さは建物内部の強度を下げることです。これは、木造住宅では腐朽と白蟻被害の発生、鉄骨造住宅であれば鉄骨のサビと壁のヒビ割れなどが挙げられます。また、最近は天然の木材を多く使ったナチュラルな住宅が増えています。雨漏り調査や修理を怠っていると、シロアリ被害を引き寄せてしまうでしょう。雨水を吸い込んだ木材は、柔らかく腐朽しやすいです。シロアリはこれが大好物なので、木造住宅で雨漏りが発生したときは特に注意が必要です。

雨漏り調査には様々な方法がある

雨漏りは建物の特徴に合わせて起こるため、症状の現れ方や原因も様々です。適切な施工方法で修理をするに当たって、原因箇所を特定することが何よりも大事と言えます。雨漏り調査の方法は主に4つです。まず、症状が既に現れている場合は、「目視調査」を行ないます。屋根やベランダなどの高所・難所の調査には危険が伴うため、必ず業者に依頼しましょう。ほとんどの雨漏り調査で行なわれるのが、「散水調査」です。これは原因箇所だと思われる部分に水を撒き実際に雨漏りが起こるか見る方法です。「発光液調査」や「赤外線カメラ調査」は、原因箇所が複数ある場合や特定が難しい場合に用いられます。